【甲子園】仙台育英逆転負けも須江航監督「一生懸命頑張ってくれたので負けても今、心は晴れやかです」

帽子を飛ばして力投する仙台育英・向坂優太郎

◆2020年甲子園高校野球交流試合第4日(15日) ▽第3試合 仙台育英1―6倉敷商

 昨秋中国大会王者と昨秋東北大会王者による好カードは、4回から4イニング連続得点を奪った倉敷商が勝利した。

 仙台育英は両チーム無得点の4回に無死一、三塁から6番・向坂の左前適時打で先取点を奪った。しかし、なおも無死一、二塁の好機で追加点を奪えずに終わると、3回まで1安打無失点の先発・向坂が4~7回まで毎回失点を許すなど6失点で逆転負けを喫した。

 それでも試合後の須江航監督は「一生懸命頑張ってくれたので負けても今、心は晴れやかです」と話し、エース・向坂についても「東北地方は東北大会までやって頂いてたくさんの試合経験を積んできて、その中で向坂がエースにふさわしい投球をずっとしてくれましたから、いけるところまでは甲子園のマウンドに立たせたいなという思いでやってもらいました。ナイスピッチングだったと思います」とたたえた。

最新一覧