【甲子園】倉敷商が中盤の猛攻で仙台育英に快勝 主将・原田将多「最高の1勝です」

仙台育英に勝利して、喜ぶ倉敷商ナイン

◆2020年甲子園高校野球交流試合第4日(15日) ▽第3試合 仙台育英1―6倉敷商

 昨秋中国大会王者と昨秋東北大会王者による好カードは、4回から4イニング連続得点を奪った倉敷商が勝利した。

 1点を追う4回に2死から4番・福島が二塁打、5番・田村の中前適時打で同点に追いつくと、5回には2死満塁から3番・浅野の押し出し四球で勝ち越しに成功。さらに6回には2死三塁から永野が右前適時打、7回には1死三塁から3番・浅野の適時打、1死一、二塁から5番・田村がこの日3安打目となる左越え2点二塁打で突き放した。

 4回途中から登板した倉敷商の2年生左腕・永野はキレのある直球とスライダーを軸にテンポのいい投球で5~9回まで2安打無失点7Kの好投で勝利を引き寄せた。

 試合後、梶山監督は「新チームになって粘り強く戦ってきた選手たちなので、その粘り強さが一番の勝因じゃないかなと思います。甲子園という舞台が粘り強さをさらに発揮させてくれた」とたたえた。主将の原田将多も「最高の1勝です。笑顔で楽しんで出来たことが勝利につながりました」と振り返った。

最新一覧