【甲子園】昨秋中国大会王者の倉敷商が4回から4イニング連続得点の猛攻で仙台育英に勝利

仙台育英に勝利して、喜ぶ倉敷商ナイン

◆2020年甲子園高校野球交流試合第4日(15日) ▽第3試合 仙台育英1―6倉敷商

 昨秋中国大会王者と昨秋東北大会王者による好カードは、4回から4イニング連続得点を奪った倉敷商が勝利した。

 序盤は投手戦。仙台育英のエース・向坂が3回まで1安打無失点と好投すると、倉敷商も先発した福家が3回まで毎回安打を許しながらも粘り強く投げて無失点で切り抜ける。

 試合が動いたのは4回。仙台育英が先頭打者の4番・入江が二塁打を放つと、この直後から登板した倉敷商2番手・永野の失策で一、三塁と好機が広がり、6番・向坂の左前適時打で均衡を破った。

 しかし、直後に倉敷商は2死から4番・福島が二塁打、5番・田村の中前適時打ですぐさま同点に追いつくと、5回には2死満塁から3番・浅野の押し出し四球で勝ち越しに成功。さらに6回には2死三塁から永野が右前適時打、7回には1死三塁から3番・浅野の適時打、1死一、二塁から5番・田村がこの日3安打目となる左越え2点二塁打で突き放した。

 4回途中から登板した倉敷商の2年生左腕・永野はキレのある直球とスライダーを軸にテンポのいい投球で5~9回まで2安打無失点7Kの好投で勝利を引き寄せた。

最新一覧