村上信五、大倉忠義の欠席理由に言及「ドラマのロケ地が取り合いなんですって。今回はファンの方に甘えさせてもらおうと」

ジャニーズ事務所

 関ジャニ∞の村上信五(38)が15日、パーソナリティーをつとめる文化放送「村上信五くんと経済クン」(土曜・前9時)に出演。8日に生配信された同グループのライブ「ジャニーズ ドリーム アイランド」を、メンバーの大倉忠義(35)が体調不良で欠席したことについて言及した。

 村上は「あの時点では話せなかったんですけど」とし、11日に大倉が2021年1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「知ってるワイフ」(木曜・後10時)に主演することが発表されたことに触れ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でドラマ撮影が大変な状況にあることが理由だったと明かした。

 「ドラマのロケ地が取り合いなんですって。施設使えないから、人数制限はかかる、映画やドラマ(の撮影予定)がかぶり倒している、そんなわけで見たことないスケジュールでやっとるもんですから、台詞を覚えるスピードも速くしないといけない、撮り順なんかもめちゃくちゃみたいなんですよ」と説明。

 さらに大倉は、春の公開予定が延期され9月11日に公開される映画「窮鼠はチーズの夢を見る」で人気俳優・成田凌と共演。その映画に関しては「取材がやり直しになってるんです。成田くんも別の作品やられてるから、そこのスケジュールも合わせてとかで。だから、今回は休めと。ファンの方に甘えさせてもらおうというのが実際の訳やったんです」と話した。

 「本人はやりたい、今までやってきたことだからできるというのはあったんですけど、お前そっち(ドラマ)止めた方がその後えらいことになるぞと。コロナの疑いが出たら撮影止まってしまいますから、リスクかかりすぎやというところでの一回お休みということなんで」と呼びかけた。

 最後は「本当は5人でやるのが正しかったんでしょうけど、今の世の中で正しいことが何かわからんから。みんな四苦八苦してるところもありますので、ご理解だけ多少いただければという感じですね」と心苦しい思いを吐露していた。

最新一覧