【甲子園】星稜の主将・内山壮真、履正社に昨夏のリベンジならずも「最後まで『必笑』を貫けました」

初回のピンチでマウンドに集まり、口元を抑えて話し合う星稜ナイン

◆2020年甲子園高校野球交流試合第4日(15日) ▽第1試合 履正社10―1星稜

 昨夏の甲子園決勝の再現となる注目の一戦は履正社に軍配が上がり、星稜はリベンジ出来なかった。

 先発・荻原が2回までに8失点を喫すると、打線も相手先発・岩崎の前に走者を出しながらも1得点にとどまった。

 試合後、内山主将は「負けてはしまいましたけど、最後まで『必笑』を貫けましたし、自分たちのスイングを最後までするということも貫けたと思います」と振り返った。

 また林和成監督も「もう少し皆さんがワクワクするような競ったゲームをしたかったですが、生徒たちは十分力を出し切ってくれたと思います。最後まで星稜らしく楽しんで、笑ってプレーするぞということで生徒たちは貫いてくれたかなと思います。3年生は色々と苦労しながらここまでたどりつきましたので、本当によくやった、お疲れさんと言いたいと思います」とたたえた。

試合詳細

最新一覧