【甲子園】履正社 元阪神・関本賢太郎氏の長男・勇輔捕手が3度の二盗阻止&2安打1打点「憧れていた場所でプレー出来てうれしい気持ちでいっぱいです」

2回無死、星稜・今井秀輔の捕邪飛を好捕する履正社捕手・関本勇輔

◆2020年甲子園高校野球交流試合第4日(15日) ▽第1試合 履正社10―1星稜

 元阪神内野手・関本賢太郎氏の長男で履正社の主将・関本勇輔捕手が攻守で存在感を放った。

 「4番・捕手」で先発出場し、2回に2死一、三塁から適時打を放つと、9回には右前安打で出塁し、チームの10得点目のホームを踏んだ。

 守備でもエース・岩崎をリードし、2回にはバックネットギリギリの捕邪飛を好捕し、5~7回は3イニング連続で二盗を阻止する強肩も披露した。

 父の活躍した聖地・甲子園で躍動し、試合後のインタビューで「夢というか憧れていた場所でプレー出来たのでうれしい気持ちでいっぱいです」と振り返った。

 また主将として仲間に向けて「いったん高校野球は終わるので、みんなに『お疲れさま』というのと、『ついてきてくれてありがとう』と伝えたいなと思います」と話した。

試合詳細

最新一覧