【埼玉】浦和学院・美又王寿を8球団スカウトが視察 コールド勝ちで投球は2球だけ

今大会初登板を果たした浦和学院・美又

◆高校野球代替大会▽埼玉4回戦(7イニング制) 浦和学院13―0大宮北=6回コールド(15日・市営浦和) 

 プロ注目の右腕、浦和学院・美又王寿(3年)が今大会初登板を果たした。6回2死から5番手として登板。相手打者をスライダー2球で三飛に仕留め、コールド勝ちが成立した。

 森士(おさむ)監督(56)によると、当初は7回の1イニングを投げる予定だったが、コールド勝ちの展開になったため、あと1人という状況でマウンドに上がった。「1人でも、とにかくと。調子は上がっていると思う。ボールを見てもいい感じだった」と森監督。ネット裏では8球団のスカウトが視察。すでにプロ志望届を提出しているとあって、次戦以降の投球が注目される。

最新一覧