【甲子園】昨夏の甲子園決勝の再戦は履正社に軍配

力投する履正社先発投手の岩崎峻典

◆2020年甲子園高校野球交流試合第4日(15日) ▽第1試合 履正社10―1星稜

 昨夏の甲子園決勝の再現となる注目の一戦は履正社に軍配が上がった。

 履正社は初回、1番・池田が内野安打で出塁すると、2番・中田が左翼線へ適時二塁打で先取点。さらに1死一、三塁から5番・大西の二ゴロの間に2点目を奪った。

 さらに2回には2死満塁から3番・小深田が2点打、4番・関本が適時打、さらに2死満塁から6番・両井の2点打、7番・弓埜にも適時打が生まれ、打者11人5安打3四死球で6得点。2回までに8得点の大量リードで試合を優位に進める。

 星稜は3回に1死一、三塁から4番・内山の犠飛で1点を返し、3回から2番手で登板したサイド左腕・野口が3~6回まで無失点の好救援を見せる。

 しかし、7回に履正社が2死二塁から中原の適時打で9得点目を奪い、試合を決定付けた。

 履正社のエース・岩崎峻典は9回6安打1失点の好投を披露し、元阪神内野手・関本賢太郎氏の長男・勇輔捕手も3度の二盗阻止を見せるなど攻守で強さを示した。

試合詳細

最新一覧