和田アキ子、倦怠感を覚え、PCR検査を受ける…陰性もスタジオ生出演を休む…「何かあったら嫌じゃない」

和田アキ子

 歌手・和田アキ子が15日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)を休んだ。

 番組冒頭でアシスタントの垣花正アナウンサーが、和田が13日夜に軽い倦怠(けんたい)感を覚え熱はなかったが、念のため14日にPCR検査を受け、陰性だったことを報告した。

 結果は陰性も大事を取って、この番組と16日のTBS系「アッコにおまかせ!」(日曜・前11時45分)のスタジオ生出演を休むことを発表した。

 和田は自宅から電話で出演し、体調の異変について13日にウオーキングをした後に「ちょっとだるいな」と感じ、事務所に報告すると「風邪かもしれませんけど、念のためPCR検査受けていただきたい」と指示され、14日の朝一番にPCR検査を受けて夕方に陰性だったことが判明したという。

 ただ、事務所から「数日間は様子を見た方がいいです」と言われ、和田も「もしかってことがあるから、私が一番気にしていたことだから、何かあったら嫌じゃない」と休むことを決めたことを明かしていた。

 その上でリスナーへ「今日はこんな形でお休みすることになりました。体調も回復して元気なんですけど、来週はいつも通り出演します」などとし「みなさんもこの時期、手洗いうがい、心穏やかに毎日を過ごされたらと思います。本当に申し訳ありませんでした」と呼びかけていた。

最新一覧