【甲子園】昨夏の甲子園決勝の再戦は履正社が2回までに星稜から8得点の猛攻

1回無死一塁、先制適時二塁打を放つ履正社・中田陽志

◆2020年甲子園高校野球交流試合第4日(15日) ▽第1試合 履正社―星稜

 昨夏の甲子園決勝の再現となる注目の一戦は序盤から履正社の打線が猛攻をみせた。

 初回、履正社の1番・池田が内野安打で出塁すると、2番・中田が左翼線へ適時二塁打で先取点。さらに1死一、三塁から5番・大西の二ゴロの間に2点目を奪った。

 さらに2回には2死満塁から3番・小深田が2点打、4番・関本が適時打、さらに2死満塁から6番・両井の適時打と相手の悪送球で2得点、7番・弓埜にも適時打が生まれ、打者11人5安打3四死球で6得点。2回までに8得点と大量リードを奪っている。

試合詳細

最新一覧