レッズ・秋山翔吾が11打席ぶり安打…守備では2試合連続の好守見せる

レッズ・秋山翔吾外野手(ロイター)

◆メジャーリーグ レッズ―パイレーツ(14日、シンシナティ)

 レッズ・秋山翔吾外野手(32)が14日(日本時間15日)、本拠地のパイレーツ戦に「1番・左翼」でスタメン出場。4打席目に2試合、11打席ぶりの安打となる中前安打を放った。

 しっかりバットでも見せた。この試合では3打席目まで二ゴロ、空振り三振、中飛と快音なし。10打席連続無安打と当たりが止まっていたが、7回2死一塁の4打席目に、カウント1―1から3番手右腕・ストラットンのチェンジアップを中前安打にした。

 守備では前日の13日(同14日)にフェンスに激突しながら好捕。多くのSNSで紹介されるほどだった。この日も、ヒットを放つ直前の7回に後方の当たりをナイスキャッチ。西武時代に6度ゴールデングラブ賞を受賞した経験も持ち、軽快な動きで投手を助けている。

試合詳細

最新一覧