【オリックス】あぁ7連敗…8月はまだ1勝で借金14、16日にも自力V消滅

◆パ・リーグ ソフトバンク4―1オリックス(14日・福岡ペイペイドーム)

 オリックスの勝利への希望は、柳田によってひねりつぶされた。今季ワーストタイの7連敗。今季最長イニングに入っていた先発・山崎福を責められるわけもなく、西村監督は元気のない打線に目を向けた。

オリックスの7連敗

 前日に続き、初回に先制。孤軍奮闘する吉田正がチーム21イニングぶりの適時打を放った。しかし、指揮官が「その後というところが…」と指摘したように2回以降は沈黙。相手を上回る7安打を放ちながら、6回2死一、三塁の重盗失敗も響いた。直近3試合で2得点。4カード連続で負け越し、ソフトバンク戦の連敗も7に伸びた。

 16日にも自力優勝の可能性が消滅する危機的状況。救世主への期待は山岡だ。左脇腹痛で離脱していた開幕投手はこの日、2度目の登板となったウエスタン・中日戦(ナゴヤ)で6回をクリア。「体の方は全然問題ない」と強調し、1軍復帰を現実的にした。8月はまだ1勝で借金14。巻き返しは急務だ。(長田 亨)

試合詳細

最新一覧