【巨人】ウィーラー4階テラス弾…新パフォーマンス「くるりんぱ」を披露

3回2死一塁、ウィーラーが5号2ランを放ち、「クルリンパ」と叫びながらカメラの前でパフォーマンスする(右はパーラ=カメラ・橋口 真)

◆JERAセ・リーグ 巨人6―1中日(14日・東京ドーム)

 駆け出す必要はなかった。ウィーラーは振り抜いた瞬間の感触でスタンドインを確信した。「チャンスを広げるためにも4番につなごうと思っていた。最高の結果になってくれてうれしいよ。ハックション!」。1点リードの3回2死一塁。松葉から東京D4階の左翼テラス席へ特大の5号2ランを放った。ベンチでパーラの頭をなでながらチームメートとハイタッチ。カメラの前では手に持っていたヘルメットを回し、ダチョウ倶楽部・上島竜兵のギャグ「くるりんぱ」を披露。新パフォーマンスで周囲を和ませた。

 今季ここまで3番を担ってきた坂本、丸が不調だったことで、12日のヤクルト戦(東京D)から3試合連続で3番に座っている。不動の4番・岡本の前を打つだけに、原監督が重要視している打順。楽天から移籍し6月30日にチームに合流したが、早くも厚い信頼を寄せられている。戸郷が先発した試合では7月15日の広島戦(1号2ラン、マツダ)、同29日のDeNA戦(4号、東京D)に続く3本目。経験の浅い20歳を強力に援護している。

 初回無死一、三塁では遊ゴロで貴重な先制点をもたらした。6回先頭では左前安打でチャンスメイク。容姿が似ていると言われる人気アニメ「ハクション大魔王」の公式ツイッターでは、毎日のようにウィーラーに関してのツイートが投稿され、巨人ファンの間でも注目を集めている。明るいキャラクターと献身的なプレーで、すっかりG党の心もつかんでいる。(小林 圭太)

試合詳細

最新一覧