【Bリーグ】日本代表SG田中大貴らA東京3選手が新型コロナ感染 体調不良なし

田中大貴

 プロバスケットボール・Bリーグのアルバルク(A)東京は14日、日本代表SG田中大貴(28)、PG小島元基(26)、PG津山尚大(24)が新型コロナウイルスに感染したことを発表。

 3選手ともに発熱や倦怠(けんたい)感など体調不良はなく、現在は自宅待機している。オンラインで会見した林邦彦社長は「プロ選手としての社会的立場を考慮し、陽性判定者から感染拡大を防ぐため、あえて選手の名前を公表し、お伝えすることで感染防止を図れるのではないか」と、個人名公表に踏み切った理由を説明した。

 チームは先月21日にオフを経て、全体練習を再開した。今月11日に独自判断でPCR検査を実施。13日に陽性が確認された。3人の行動履歴も聴取したが「通常の生活から逸脱するような行動は見受けられなかった。近隣での外食は数日あったが、通常の生活、日常生活に準じる行動と判断」と林社長。チームは14日から活動停止。濃厚接触の疑いがあるチームスタッフ10人、選手8人、フロントスタッフ3人も自宅待機とし、保健所の特定を待っている。

 A東京は独自の感染防止対策に取り組んできた。他選手から給水を受け取らないこと、コーチ陣のマウスガードやフェースシールド着用、体育館の清掃などを徹底。選手も呼吸が荒くなってしまうプレー中を除き、練習中はマスクを着用した。その中での感染発覚だけに、林社長は「個人の予防対策の意識レベルを、今以上に上げることが一番重要」と強調した。

 16日には日本代表の紅白戦が予定されているが、主力の田中も含め、A東京から選出はされなかった。今季Bリーグ開幕は、10月2日にホームでの川崎戦。保健所の指導を仰ぎ、活動再開時期を慎重に判断する。

最新一覧