A.B.C―Z、学園ドラマに初挑戦…メ~テレ連続ドラマ「ワンモア」

ABCーZ

 A.B.C―Zがグループで主演する連続ドラマ「ワンモア」(メ~テレ、来年放送・全国配信)で学園ドラマに初挑戦することが14日、発表された。昨年放送のスペシャルドラマ「ぼくらのショウタイム」に続き、5人と同局がタッグを組んだ第2弾。最年少・橋本良亮(27)以外、全員が30代という中での学園ドラマ。五関晃一(35)は「『青春に年齢は関係ない』という熱い気持ちが伝われば」と今作に込めた思いを語った。

 「ぼくらの―」は特別版として全国13館で映画上映もされたが、その際、橋本が次回作について「学園ドラマがやりたい」と熱望。「僕の一言で始まった企画。今までのお仕事とは一味も二味も違う高揚感と責任を感じています。ドラマをカレーで例えると、すげえ濃厚、で、煮込まれて濃いシーンがたくさんある」と声を弾ませた。

 今秋にはグループで主演する映画「オレたち応援屋!」(竹本聡志監督)と、舞台「―OnStage」(10月3~28日、東京・日本青年館ホール)の同時期上演も控えるなど、5人での仕事が相次ぐ。それぞれ事情を抱えながら夜間定時制高校に通う若者の姿を描いた今作についても、戸塚祥太(33)は「5人のチーム戦」と力を込めた。

最新一覧