日活が渡哲也さんを追悼…裕次郎さんと初共演作でのオフショットを掲載

10日に亡くなった渡哲也さん

 日活は14日、公式ツイッターで10日午後6時30分に肺炎のため78歳で死去した俳優の渡哲也さんを悼んだ。

 渡さんはもともとは航空整備士を志望していたが、故・石原裕次郎さんに憧れ、一目会いたいと訪れた日活撮影所でスカウトされ、64年に日活入社。翌65年に映画「あばれ騎士道」で主演デビューを飾った。初対面の石原さんにあいさつをした時、握手とともに激励の言葉をもらったことに感動。後に自らも後輩たちに対して同じように振る舞うようになった。

 68年に第1作が公開された「無頼」シリーズは最初の代表作となったが、71年に日活を退社。石原さんを慕って石原プロモーションに入社した。

 同社のツイッターは「俳優の渡哲也さんが、お亡くなりになりました。大学在学中、撮影所訪問の際にスカウトされ1964年に日活へ入社。翌年『あばれ騎士道』でデビュー。数多くの作品でファンを魅了し、本年俳優生活55周年を迎えられました」と記し、裕次郎さんと初共演作でのオフショットを添付して、故人を偲んでいた。

最新一覧