【巨人】途中出場組も躍動 若林晃弘、松原聖弥が1打席のチャンスでヒット

7回2死、左前安打を放つ松原聖弥(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人6―1中日(14日・東京ドーム)

 ウィーラーの2ラン、中島の3ランなどで巨人が快勝した。

 スタメン組の活躍の一方で、途中出場組の若手も躍動。途中から左翼の守備に入った若林は7回先頭で木下雄から中前安打。途中から右翼の守備に入った松原は同じ7回の2死から左前安打を放った。

 ともにこの日は1打席だったが、その中で結果を出してアピールした。若林は打率2割9分2厘、松原は打率3割8分5厘に上昇。若手の競争は日に日に激しさを増している。

7回無死、中前安打を放つ若林晃弘

試合詳細
すべての写真を見る 2枚

最新一覧