【巨人】大竹寛、10試合連続無失点 鉄壁リリーフ陣の中で抜群の安定感

7回から3番手でマウンドに上がった大竹寛

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人6―1中日(14日・東京ドーム)

 巨人の大竹寛投手(37)が6―0の7回から登板。阿部を空振り三振、代打遠藤を一ゴロ、木下拓を遊ゴロに抑えた。

 1イニング打者3人に対しわずか8球でピシャリ。これで10試合連続無失点となった。

 今季は右肩周辺の故障の影響で開幕2軍だったが、7月から1軍昇格してここまでチームトップの6ホールドをマーク。鉄壁リリーフ陣の中で抜群の安定感でチームを支えている。

試合詳細

最新一覧