【巨人】6回8安打3失点と粘投したメルセデスに原監督「3点で我慢してくれた。6回まで投げきったわけですから、良かったと思います」

1回を投げ終えベンチに戻るこの回3失点のメルセデス(手前)とベンチの原辰徳監督(左は宮本和知投手チーフコーチ)

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人4×―3ヤクルト(13日・東京D)

 巨人のC・C・メルセデス投手(26)が先発し、6回8安打3失点と粘投した。初回に3安打を浴び3点を先制されるも、2回以降は走者を出しても要所を締め、追加点を与えなかった。

 原監督は「先発ピッチャーはやっぱり6回は最低投げてほしい。4、5点ビハインドした場合は致し方ないケースはありますけど、3点で我慢してくれた。6回まで投げきったわけですから、良かったと思いますね」と合格点を与えた。

最新一覧