【西武】松井キラーで3年ぶり4番のメヒアが適時二塁打「点差を縮めるタイムリーを打てて良かったよ」

3回1死三塁、適時二塁打を放ったメヒア

◆パ・リーグ 西武―楽天(13日、メットライフドーム)

 西武のE・メヒア一塁手(34)が、2点を追う3回1死三塁で、楽天先発の松井から左中間へ適時二塁打を放った。

 昨季は松井に対して3本塁打を放つなど4打数3安打と相性がよかった。この日は山川が故障で欠場していることもあって、2017年7月25日のオリックス戦以来、3年ぶりに4番に座った。1打席目は三ゴロに倒れたが、2打席目に1点差に迫る適時二塁打を放ち「打ったのはストレート。早い回で点差を縮めるタイムリーを打てて良かったよ。このあとも勝利を目指して変わらず戦い抜くよ」とコメントした。

最新一覧