【西武】スパンジェンバーグが2回に一時同点のフェンス直撃適時二塁打「ミスショットしないようにと待っていたよ」

2回1死一塁、左越え適時二塁打を放ったスパンジェンバーグ

◆パ・リーグ 西武―楽天(13日、メットライフドーム)

 西武のC・スパンジェンバーグ左翼手(29)が、1点を追う2回1死一塁で、一時同点に追いつく左翼フェンス直撃の適時二塁打を放った。

 1ボールからの2球目。松井の外角130キロスライダーにうまく反応した。コンパクトに振り抜くと打球は左翼フェンスに直撃。一塁走者の36歳・中村が本塁まで激走して同点に追いついた。3回には再び楽天に勝ち越しを許したが、スパンジェンバーグは「甘い球が来たらミスショットしないようにと待っていたよ。いい結果につながって良かったよ」とコメントした。

最新一覧