玉川徹氏、ヘンリー王子とメーガン妃の暴露本へのコメントを避ける…「これ本当なの?本当だと思ってコメントして本当じゃなかった時にこんな恥ずかしいことない」

全世界で発売された「FINDING FREEDOM」(ロイター)

 13日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、今年3月に英国の王室から離脱したヘンリー王子とメーガン妃が全面協力したと言われる伝記「FINDING FREEDOM」が全世界で発売されたことを特集した。

 同書は、ヘンリー王子とメーガン妃と2人に近い関係者を取材した王室ジャーナリストの2人によるもので、ヘンリー王子とメーガン妃のなれそめから王室の内幕が描かれており、2人と王室メンバーの様々な確執の経緯が記されている。

 スタジオで同局でコメンテーターの玉川徹氏は、この本の内容についてコメントを求められ「これ本当なの?」と質問した。これに司会の羽鳥慎一アナウンサーも「そこですよ」とうなずき、「コメントするのも事実だったら、コメントするけど、本当なの?っていう」と玉川氏は繰り返した。

 羽鳥アナが「そこが問題なんです」などと続けると、玉川氏は「本当だと思ってコメントして本当じゃなかった時にこんな恥ずかしいことないからね」とコメントすることはなかった。

最新一覧