【日本ハム】宮西尚生が前人未到の350ホールドを達成 「リリーフは裏方に徹する」

お立ち台で笑顔を見せた350ホールド達成の宮西尚生

◆ロッテ12―4日本ハム(12日・ZOZOマリン)

 日本ハムの宮西尚生投手(35)が自身の持つ日本記録を更新する前人未到の350ホールドを達成した。ロッテ戦で7―4の8回に6番手で救援。先頭の田村に四球を与えたが、続く代打・佐藤を右飛。1死一塁から角中を二ゴロ併殺に仕留め、打者3人を13球で無失点に封じた。

 試合後は、記念のパネルを手に敵地のファンの声援に応えた。入団から中継ぎ一筋13年。12年連続50試合以上登板を重ね、今季も既に21試合に登板した。ヒーローインタビューは2本塁打6打点の中田が選ばれたが、宮西は気にしなかった。

 「リリーフは裏方に徹する。これはルーキーの頃から思っていること。表舞台に立つのは、先発とか、4番とかね」。明かしたプロフェッショナルの流儀。一方で、記録を更新し続けることでリリーフの価値を高めるという使命感も、左腕の原動力だ。衰え知らずの鉄腕は、今後も記録を塗り替え続ける。

最新一覧