【日本ハム】中田翔、2発&6打点の大暴れで本塁打と打点のリーグ2冠に

1回2死一塁、左越えに14号2ラン本塁打を放った中田翔

◆パ・リーグ 日本ハム12―4ロッテ(12日・ZOZOマリン)

 日本ハムの中田翔内野手(31)が今季2度目の1試合2本塁打と、自身初の6打点の大暴れでチームの大勝に貢献した。

 まずは初回2死一塁。カウント3―1から、相手先発・小島が投じた内角低めの131キロのカットボールを左翼席上段へ運ぶ14号2ラン。さらに3点リードの7回2死一、二塁では南の外角直球を右翼席へ運ぶ15号2ランとし、9回無死一、二塁では左前へと適時打を放った。

 15本塁打、51打点はいずれもパ・リーグでトップ。頼れる主砲は「本塁打2本より、打点の方がうれしい。走者をかえす仕事ができたのでね。打点が1番うれしいですね。今日は」と振り返っていた。

最新一覧