EXILE HIRO「スター発掘したい」世界初プロダンスリーグ発足 8チームが参加

Dリーグのチーフクリエイティブアドバイザーを務めるEXILE HIRO(カメラ・橘田 あかり)

 世界初となるプロダンスリーグ「D.LEAGUE(Dリーグ)」が日本で発足することになり12日、チーフクリエイティブアドバイザーを務めるEXILE HIRO(51)らが都内で発表会見を行った。HIROは「世界に通用する日本発のエンターテインメントとして盛り上げていきたい」と力を込めた。

 HIRO自身、EXILEとしてのキャリアの中で「パフォーマー」という地位を確立。ダンサーの世界で、その功績は計り知れない。「ダンスを披露して世の中に発信できる場所がなかった。ダンス大好きな子供たちや、若い人の夢のかなう場所として成長させたい。スターを発掘したいし、ダンサーが飛躍できる場を」と話し、これを機にダンス界の発展を願った。

 Dリーグは、主催となる「株式会社Dリーグ」代表取締役CEO・平野岳史氏が取締役会長を務めるフルキャストホールディングスほかエイベックス、コーセー、サイバーエージェント、セガサミーホールディングスなど8社がオーナーを務める8チームが参加。来年1月10日に開幕する。約半年間をかけて全12ラウンドのレギュラーシーズン、上位4チームによるチャンピオンシップを行い、6月末に初代チャンピオンが決定。年俸制で各社とプロ契約する参加メンバーは後日発表される。

すべての写真を見る 3枚

最新一覧