渋野日向子、リンクス攻略へ同組レジェンドから学ぶ…スコットランドOP13日開幕

渋野日向子

 米、欧州ツアーを兼ねる女子のスコットランド・オープンは13日、英ノースバーウィックのルネサンスクラブで開幕する。12日には初日の組み合わせが発表され、昨年のメジャー、AIG全英女子オープン覇者で初出場の渋野日向子(21)=サントリー=は、09年全英女子覇者のカトリオナ・マシュー(50)=英国=と同じ注目組に入った。大会公式会見で、「しっかりと勉強できると思う」と、レジェンドから初のリンクスコース攻略法を学ぶ考えを明かした。日本勢は5人が出場する。

 リンクスコースへの戸惑いを隠せなかった。渋野は、半袖のゴルフウェア姿でオンライン会見に出席。昨年の全英は林間コースで、自身初のリンクスとなるが、「日本には全くないゴルフ場で、見た目から難しさが伝わる印象。ラフの長さですね。入ったらロストしかねないし、刻むしかできない」と、悲鳴を上げた。

 7日に昨年の全英以来のキャディーとなる青木翔コーチ(37)と2人で渡英。9日に18ホール、10日に9ホールの練習ラウンドを行った。好天が続き、「まだ雨風の中で練習できていない」と笑う。グリーン周りに重点を置いて練習中で、「なかなかスピンもかからない。グリーンの感じは日本と全く違う。第2打の距離感が大事になる」と警戒する。リンクス特有の深いポットバンカーについても、「かなり厳しい」と苦笑いだ。

 そんな中、初日はリンクスを熟知した地元の50歳が同組となった。マシューは09年の全英で宮里藍さんらに競り勝ちメジャー初V。全英で計6度のトップ10入りとリンクスを得意とする。「技術に関してもリンクスに慣れていると思うし、しっかり勉強できると思う」。プロ26年目、欧米通算10勝のレジェンドからリンクス攻略法を学び取るつもりだ。

 主催者推薦での初出場。「しっかり予選を突破して上位争いをしたいですが、初めてのリンクスなので。笑顔でお菓子を食べながら、自分らしさを忘れずにできたら」と渋野。「風の影響をかなり受ける」次週と同じ海沿いのリンクスで、20日開幕のメジャー、全英(ロイヤルトルーンGC)も見据えた戦いが始まる。

 ◆しぶこに聞く

 ―メジャー初制覇以来、約1年ぶりの英国入り。

 「英語は全く上達してなくて、聞き取れないな。でも海外の選手と『ハロー』とあいさつしたり、やっぱり海外はいいな~」

 ―初体験のリンクスコースの印象は。

 「去年以上に難しい。頭を使って使いまくって(青木翔)コーチと相談してやりたい」

 ―新型コロナ対策は。

 「外出できないのでゴルフ場とホテルの行き来だけ。(会場の感染対策は)徹底されているので安心して過ごせている」

 ―日本や世界中のファンへメッセージ。

 「無観客ということで、テレビの前でも喜んでもらえる姿を見せられたら」

最新一覧