【甲子園】智弁学園インフィールドフライも浜風に泣く…前進守備、二塁手が落球 初タイブレークサヨナラ負け

延長10回タイブレーク無死満塁、中京大中京・西村友哉の放った打球はインフィールドが宣告されるが二塁手・錦織拓馬が落球。三塁走者・前田識人(左)が生還してサヨナラ勝ちとなり崩れ落ちる智弁学園・西村王雅(中)と捕手・田上拓磨(カメラ・石田 順平)

◆2020年甲子園高校野球交流試合第3日(12日)▽第1試合 中京大中京4x―3智弁学園=10回タイブレーク=

 大会初のタイブレークとなった延長10回無死満塁。右翼方向から強い浜風が吹く中、前進守備を敷いていた智弁学園の二塁・錦織拓馬の後方に打球が上がった。一塁塁審はインフィールドフライを宣告し打者はアウト。しかし半身でバックした錦織が、外野の芝生の手前で落球した。それを見た三塁走者が塁上から本塁へ突入。懸命の送球は間に合わず、智弁学園が敗れた。

 野球規則2・40でインフィールドフライの定義は「無死か1死で走者が一、二塁か満塁の際の飛球で、内野手が普通の守備行為をすれば捕球できるもの」(要約)。走者は離塁しても帰塁しても良く、飛球が捕らえられればリタッチの義務が生じる一方、捕球されなければその義務はない。ただし中京大中京の走者3人は飛球が上がった時、いずれも帰塁していた。

 しばらく立ち上がれなかった錦織は「焦ってしまった。大事にいきすぎた」と言葉を詰まらせた。それでもチームメートから「上を向いて胸を張っていけ」とゲキを飛ばされると「いい仲間と野球ができていたんだな」と感謝した。野球の怖さを思い知らされると同時に、仲間にも支えられた。(菅原 美沙)

試合詳細

最新一覧