【阪神】矢野監督、2点リードの7回2死満塁で投手に代打送らず ガンケル3球三振でこの回1点止まり

矢野燿大監督

◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA―阪神(12日・横浜)

 阪神・矢野燿大監督(51)が勝負所での代打を見送った。

 6―5と1点リードの7回2死満塁。代打・陽川の押し出し死球で追加点を奪い、なおも満塁で打順は投手の9番に回った。リードを広げる場面で、ベンチには福留や糸井、原口らが残っている状況だったが、矢野監督は代打を送らず、6回途中からマウンドに上がったガンケルが来日2度目の打席へ。3球三振に終わり、この回は1点止まりだった。

 3日前、今月9日の広島戦(マツダ)でも2イニングを投げた助っ人右腕は、これで2試合連続の回またぎ。ブルペンには経験豊富な藤川らが控えており、この日が9連戦最後の試合でリリーフを総動員できる展開ではあったが、7試合連続無失点中のガンケル続投を選択したようだ。

最新一覧