【DeNA】浜口遥大「(連発被弾は)一番やってはいけないこと」今季最短4回6失点KO

先発の浜口遥大

◆「JERAセ・リーグ公式戦」DeNA―阪神(12日・横浜)

 DeNAの浜口遥大投手(25)が今季最短の4回8安打6失点でKOされた。

 初回、1死から連続四球と制球が定まらなかった。この回は連続三振でピンチを切り抜けたが2点リードの2回、無死二塁。木浪の中前適時打で1点を返された。

 2点リードの4回2死一、二塁。近本の右前適時打で1点を返され、次打者の中谷に逆転3ラン、続くサンズにもソロを打たれた。

 リードを守れず、4回裏に代打を送られ、4回8安打3四球6失点で降板。直球も140キロ台前半が多く、浜口らしい球威を欠いていた。

 浜口は「先制してもらったにもかかわらず試合を作ることができず中継ぎ陣に申し訳ないです。4回はテンポが単調になり、アウトを欲しがってしまいました。そのなかで2本の本塁打は一番やってはいけないことですので、次回登板までにしっかり改善したいと思います」と反省していた。

最新一覧