馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・成績提供中  中山 中京

【小倉記念 調教ズームイン】サマーセント、3頭併せで先着!重勝連勝へ酒井騎手「いい状態」

酒井を背にしたサマーセント(右)は3頭併せで最先着

◆小倉記念追い切り(12日・栗東トレセン)

 サマー2000シリーズ第3戦、小倉記念・G3(16日、小倉)の追い切りが12日、東西トレセンで行われた。前走のマーメイドSで重賞初制覇を飾ったサマーセントは、栗東・CWコースの3頭併せで追走先着。「夏は牝馬を狙え」の格言通り好調な夏娘に、牟禮聡志記者が「調教Zoom IN」で迫った。

【酒井騎手に聞く】

 ―サマーセントの最終追い切りは、栗東・CWコースでキタサンシンドー(2歳新馬)、アマネセール(4歳1勝クラス)と3頭併せ。6ハロン81秒8―12秒6で追走先着しました。

 「間隔を空けて前の2頭を追いかけて、並んだ後はそのまま相手を見る感じでゴールしました。並ぶまではすごくスムーズに行って、それからは相手に合わせて運びましたが、しまいはしっかり反応してくれました」

 ―先週に続いての騎乗でした。約2か月ぶりの実戦ですが仕上がりは?

 「先週は少し息遣いが気になりましたが、今日は大丈夫でした。先週より素軽くなって、動けていました。いい状態ですよ」

 ―前走は初騎乗でマーメイドSを勝ちました。当時の追い切りと比べて変化は?

 「この前は初めて乗ったので、どういう馬かを確かめる感じでした。それでも『これは一発あるぞ』と感じていて、イメージが良すぎたくらいですが、今回も悪くありませんよ」

 ―その前走は稍重での先行押し切りでしたが、今回は開幕週の小倉に舞台が替わります。

 「渋った馬場がとても有利に働きました。正直、良馬場になるのはあまりプラスにはならないですかね。でも、気性は素直だし、乗っていても操作性は高い。かかることはないですし、折り合いはつきますよ」

【調教比較】

 前走の最終追い切りは栗東・CWコースで6ハロン85秒6―11秒8。使われてきたぶん、ラストだけ追った印象だった。今回は休み明けで、実戦感覚を戻すためにも強めに追われて時計も上々。力を出せる態勢にある。

【牟禮のジャッジ】

 小回りの競馬場でカギになる操縦性は抜群。スタートセンスも良く、自然と前につける形が取れるため開幕週にも対応できる。何より、暑さに負けず活気十分だ。今回は牡馬混合戦で前走から2キロ増の52キロを背負うが、「夏の香り」を意味する馬名の通り、夏に強い牝馬がV2ムードをプンプン漂わせている。

最新一覧