依存症の真相を追うフジ系「直撃!シンソウ坂上」…髪の毛や眉毛などの体毛を自分自身で抜いてしまう「抜毛症」に迫る

「抜毛症」を告白する土屋さん

 フジテレビ系で13日午後9時から放送されるジャーナリズムバラエティー「直撃!シンソウ坂上」では、誰もがなり得る、恐ろしい依存症について特集する。

 紹介していく依存症は、WHO(世界保健機関)も治療が必要な疾患として認定した「ゲーム障害」、万引きがやめられなくなってしまう「窃盗症」、髪の毛や眉毛などの体毛を自分自身で抜いてしまう「抜毛症」の3つ。彼らのインタビューや再現ドラマをもとに、恐ろしい依存症の真相に迫っていく。

 髪の毛や眉毛などの体毛を自分自身で抜いてしまう「抜毛症」を告白するのは、現在、髪の毛を失った女性たちの支援団体で活動する土屋光子さん。彼女が髪の毛を抜き始めたのは小学校低学年の頃。痛みよりも感触の良さが上回り、それ以来、髪の毛を抜くのがクセになった。

 髪の毛を抜かないように軍手をはめたり、シャワーを浴びて気を紛らわせたりもしたが、結局、髪の毛を抜くことをやめられなかった土屋さん。高校生になると、抜毛によって薄くなった髪の毛は地毛では隠しきれず、オーダーメードの高額なウイッグを作ることに。やめたくてもやめられない「抜毛症」の真相とは?

 「直撃!シンソウ坂上」は世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、坂上忍が追跡&直撃し、真相を突き止めていくジャーナリズムバラエティー。毎週木曜日午後9時からオンエア。

最新一覧