【埼玉】聖望学園2回戦敗退 プロ注目の蔵田亮太郎内野手「力が入ってしまいました」

延長8回1死二、三塁、犠飛を打つ蔵田亮太郎

◆高校野球代替大会▽埼玉2回戦 所沢商2―1聖望学園=8回タイブレイク(11日・県営大宮)

 プロ注目の蔵田亮太郎(3年)を擁する聖望学園が、8回タイブレイク(無死一、二塁から攻撃開始)の末に姿を消した。7回まで両チーム無得点のまま8回に突入。所沢商に2点を先制されたその裏、1死二、三塁で蔵田が中犠飛を放って1点を返すが、後続が断たれた。

 「打てなかったのがすべて」と岡本幹成監督。蔵田は1回、3回、5回も得点圏に走者を置いて打席を迎えたが、力みがあったのかいずれも凡退。「初戦(8日・埼玉平成)でポンポン打ち上げていたので低く強い打球を打ちたかったのですが、ちょっと力が入ってしまいました。8回、犠飛を打った前のファウルは高めの甘い球だったのに、一発で仕留められなかったのが今の実力」と悔しがった。守りでは5回、右後方への難しい飛球を走りながら好捕。西日で打球が見づらい状況だったが、試合で初めてサングラスを着用。難なくさばいた。

 187センチ、84キロとスケールの大きな遊撃手にはプロも注目しており、この日はDeNA、ヤクルト、オリックスのスカウトが視察した。自身もプロ志望届を出す意向で「チャンスで打てて、守れる選手になりたい」と誓っていた。

最新一覧