勅使河原弘晶が三迫ジム移籍「輪島功一会長と同じジムで世界王者に」 三迫ジムは現役王者8人に

三迫ジム移籍が決まった勅使河原弘晶

 プロボクシングの三迫ジムは11日、東洋太平洋スーパーバンタム級(55・3キロ以下)王者・勅使河原弘晶(30)が同日付で輪島功一スポーツジムから移籍したと発表した。これで、三迫ジムには現役王者が8人所属となった。

 勅使河原は身長171センチの右ボクサーファイターで、現在の世界ランクは、IBF同級3位、WBC8位。戦績は21勝(14KO)2敗2引き分け。WBOアジアパシフィック・バンタム級(53・5キロ以下)王座も保持していた。

 勅使河原は書面で「この度、長年お世話になった輪島功一スポーツジムから、三迫ボクシングジムへと移籍することになりました。三迫ジムは輪島功一会長が現役の時に所属していたジムです。これからは三迫ジム所属として、自分の師匠である輪島功一会長と同じジムから世界チャンピオンになるために練習に励んで行きます。そして必ず世界チャンピオンベルトを輪島会長にお見せします」とコメントした。次戦は秋を予定しているという。

最新一覧