【清水】宮本航汰がルヴァン杯で初勝利誓う

鹿島戦に向け体を動かす清水DF宮本(エスパルス提供)

 J1清水エスパルスは12日、ルヴァン杯A組最終節で鹿島と対戦(アイスタ)する。チームは11日、三保で非公開練習を行い、冒頭のみが報道陣に公開された。両軍2戦2敗でグループステージ突破の可能性はないがMF宮本航汰(24)は、勝利で終えてリーグ戦につなげることを誓った。

 今年のルヴァン杯初勝利へ向け、宮本は灼熱(しゃくねつ)のピッチで体を動かした。同じく2連敗中の鹿島について「球際で負けない。ボールタッチを少なくすることがポイント。勝ち点3をとりたい」と力強く話した。

 前節名古屋戦(5日、0●3)は今季初めて公式戦に出場したが「結果的に1点もとれていない。クロスの精度もまだまだ」。右ウィングで出場したが、得点に絡めなかったことを猛反省した。現在はリーグ戦でベンチ入りもわずか1試合だけに「ルヴァン杯でチャンスをもらえた。リーグ戦は(4戦負けなし)と調子がいいのでいいリズムに乗って、アピールしないといけない」。16~17年J2長崎に、18~19年は同岐阜に期限付き移籍し、今季ユース時代を過ごした清水に復帰した男が浮上のきっかけをつかむ。

最新一覧