新型コロナ感染の「流れ星」ちゅうえい、自宅療養は「保健所からの指示」復帰一発目ギャグは「何を言われるかわからない世の中なので…」

「流れ星」ちゅうえい

 新型コロナウイルスに感染していることがわかったお笑いコンビ「流れ星」のちゅうえい(42)が11日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)に生出演し、感染時の体調などを語った。

 ちゅうえいは感染した時の様子について「5日に最寄り駅から自宅に帰る途中にだるさを感じ、別の部屋で休んでいると1、2時間で38度5分まで上がった」とした。その後、6日にPCR検査を受診、7日に平熱に戻ったが8日に陽性だと伝えられたという。

 感染経路の心当たりについては「本当にないんですよね。普通に仕事をして、普通に生活していただけなので」と明かし「本当に怖いですよね」と語った。

 現在、自宅療養していることは「保健所からの指示です」と説明。指示を受けた後に「家族もいるしホテルなどの施設に行かなくていいんですか?」と質問したところ「症状を聞く限り自宅で療養して、家族とセパレートで住んでください」と説明があったという。ホテル療養について聞かれると「その方がたぶん家族も僕もお互い少し楽になるのかなと思います」と率直な気持ちを語った。

 通常の生活に戻る時期は「15日までに無症状の状態が続けば、16日の午前0時から自宅療養が解除される」とした。

 復帰一発目にやるギャグを問われると「今はニコニコしているだけでも何を言われるかわからない世の中なので、ギャグよりも動画を見続けたいと思います」と神妙に話した。

最新一覧