【甲子園】創成館・稙田監督「この1試合に3年生はすべてをかけていた」盤石完封リレー!オール3年生で接戦制す!

平田に勝利し、本塁付近で整列し校歌を聞く創成館ナイン

◆2020年甲子園高校野球交流試合第2日(11日) ▽第2試合 創成館4-0平田

 創成館(長崎)が、タイプの違う3投手のリレーで、平田に完封勝ちした。稙田監督は「この1試合に3年生はすべてをかけていたので、勝てて良かった。元々守りのチーム。失策0で終わったことが、この子たちの集大成かなと。ナイスゲームでした」と嬉しそうに振り返った。

 先発マウンドには左腕の白水。130キロ台の真っ直ぐにスライダーは切れ味抜群で、5回までを2安打に封じ込めた。6回からは右サイドハンドの坂口。躍動感満点の投げっぷりで、真っ直ぐには威力があった。6、7回と無失点に抑えてリズムを作ると、1点リードの7回裏に攻撃陣が奮起。先頭の4番・猿渡が右中間を割る三塁打で両チーム通じて初長打を放つと、続く長田が中犠飛をマーク。大事な“次の1点”をつかみ、8回には2点を追加した。

 9回は3番手の左腕・前田。サイド気味からキレある直球を投げ込んだ。今春のセンバツ大会に21世紀枠で選出された平田を相手に、3投手のリレーで3安打無失点に抑えた。敗れた平田の植田監督は「全国の甲子園に行けなかった球児たちの思いを胸に、選手たちには自分たちの実力を発揮するようにと送り出しましたが、良くやってくれたと思います」と涙ながらに話した。

日程・結果

最新一覧