【広島】九里亜蓮、約1か月半ぶりの2勝目「ローテを守りきりたい」

2勝目を挙げた九里

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 広島6―1中日(10日・マツダスタジアム)

 広島・九里亜蓮投手(28)が7回6安打無失点の好投で2勝目をマークした。

 1点リードの3回。1死一、二塁とピンチを招いたが、大島を二ゴロ、阿部を見逃し三振に抑えて切り抜けた。7回2死一、三塁では大島の右前に抜けそうな強い打球を一塁・松山が好捕。小さく拳を握り「なんとかゼロで切り抜けられればベストだと思っていた。本当にありがたい」と松山に感謝した。

 今季6試合に登板も、1勝にとどまっていた右腕。6月24日・巨人戦(東京ドーム)以来の白星でチームを4位・阪神とゲーム差なしに押し上げ「順位を1日でも早く上げられるように頑張りたい。1年間ローテを守り切ったことがないので守りきりたい」と力を込めた。

最新一覧