【阪神】藤川球児、2試合連続失点 8回に宮崎の適時打で追加点許す

8回からマウンドに上がった藤川

◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA6―4阪神(10日・横浜)

 阪神・藤川球児投手(40)が2試合連続の失点を喫した。

 1点ビハインドの8回から登板。1死から梶谷に四球を与え、続く神里の初球に完璧なスタートを切られた。二盗を許すと、その後2死三塁から宮崎に高めのカーブを中前適時打とされた。チームは1―5から1点差まで詰め寄っていたが、DeNAに貴重な追加点を奪われた。

 日米通算250セーブまで残り「5」に迫っている右腕。7月23日の1軍復帰後は4試合連続無失点と復調の気配を見せていたが、今月8日の広島戦(マツダ)で復帰後初失点となる決勝打を浴びていた。今季3度目の2試合連続失点。ここまで11試合の登板で3者凡退は一度もない。

最新一覧