【中日】今季初先発の小笠原慎之介は4回3失点で降板「何もありません」

うなだれてベンチに戻る小笠原

 ◆JERAセ・リーグ 広島―中日(10日・マツダスタジアム)

 今季初先発の中日・小笠原慎之介投手(22)が4回3失点(自責2)でマウンドを降りた。

 初回から最速147キロの直球を投げ込んだが、2死一、二塁から松山に左翼線にはじき返されて先制点を献上。3回には長野に適時二塁打を浴び、4回には木下拓の捕逸で失点して5回の打席で代打を送られた。

 降板後、小笠原は「何もありません」と言葉少なだった。

最新一覧