【大阪】履正社が4回終了で7―1とリード 小深田大地が3安打 関本勇輔がタイムリー

2回無死満塁、左線に逆転の3点適時二塁打を放つ履正社・中原雄也(カメラ・谷口 健二) 

◆高校野球代替大会 ▽大阪準決勝 大阪桐蔭―履正社(10日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 履正社がリードを6点に広げた。2回無死満塁で8番・中原雄也遊撃手(3年)が走者一掃の適時二塁打を放ち、なおも1死三塁から相手の野選で加点。4回は関本勇輔捕手の中前適時打と大西連右翼手(ともに3年)の2点二塁打で3点を加えた。

 大阪桐蔭は2回1死一塁、今大会初出場した吉安遼哉捕手(3年)の適時二塁打で先取点を挙げたが、先発の藤江星河投手(3年)が4回途中で降板した。

 大阪大会は準決勝で打ち切りとなる。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧