笠井信輔アナ、8か月ぶりに古巣アナウンス室へ “約束”ショットに「感動ですね」など反響

笠井信輔アナのインスタグラム(@shinsuke.kasai)より

 ステージ4の悪性リンパ腫から復帰したフリーの笠井信輔アナウンサー(57)が10日までに自身のインスタグラムを更新。8か月ぶりに古巣のフジテレビを訪れた様子を公開した。

笠井信輔アナのインスタグラム(@shinsuke.kasai)より

 笠井アナは「約8ヶ月ぶりに尋ねたフジテレビアナウンス室 とても温かく幸せな気持ちになりました」と記し、アナウンス室のメンバーとの写真をアップ。

笠井信輔アナのインスタグラム(@shinsuke.kasai)より

 「昨年12月19日『とくダネ!』で《がん》の公表をした時にアナウンス室に寄ったのですが、その時も記念写真を撮ろうかと言う話になったんです でも『また帰ってくるからその時に』と私がみんなに頼んで撮影はやめになりました 約束が果たせました 本当に嬉しかった」とつづった。笠井アナはマスク越しでもわかる満面の笑みを浮かべている。

笠井信輔アナのインスタグラム(@shinsuke.kasai)より

 この投稿には、同局の生田竜聖アナウンサー(32)が「次は、マスクなしで撮りたいです!早くそんな日が来ますように」とコメントしたほか、「本当にいい写真ですね!! 私まで嬉しさがこみ上げてきます」「軽部さんの表情がなんとも言えないですね(笑)」「感動ですね」「お帰りなさい」「みんな嬉しそう」などの声が寄せられた。

 笠井アナは昨年12月に悪性リンパ腫のステージ4と診断されて入院。抗がん剤治療を経て4月に退院し、6月に完全寛解したことを報告した。

すべての写真を見る 4枚

最新一覧