【神奈川】横浜の152キロ左腕・松本、初の背番号1で3回8K無安打無失点「甲子園に出る投手に負けたくない」

3回無安打無失点で8三振を奪った横浜・松本

◆高校野球代替大会 ▽神奈川3回戦 横浜10―0岸根=5回コールド=(10日・大和スタジアム)

 最速152キロを誇る横浜のドラフト上位候補左腕・松本隆之介(3年)が、初の背番号1で今大会初登板初先発し、3回8奪三振で無安打無失点と好投した。

 初回から真っすぐ主体で押し込んだ。2回先頭に四球を与えた後は6者連続三振。42球のうち打球が前に飛んだのは初回1死の右邪飛だけで、フェアゾーンは皆無だった。「直球中心に押していくのがテーマで、いい投球ができてよかった。背番号1は歴代すごい投手が着けていて、責任は大きい」。5回参考ながら2番手の右腕・明石龍之介(3年)と継投のノーヒットノーランで重責を果たした。

 7月31日の東海大相模との練習試合で打球が直撃した右足打撲の影響を感じさせず。打っても、2点リードの初回2死満塁で中堅左に2点二塁打を放った。センバツ交流試合の開幕戦と試合時間が重なり「甲子園に出るのはいい投手が多いけど、負けたくない。(独自大会を)圧倒的な投球で優勝したい」と強い自負をのぞかせた。

最新一覧