KENTA、デビュー12年目で初王座のYOSHI―HASHIを祝福「めっちゃベルト似合ってます!」

KENTA

 独特のツイートで人気のプロレスラー・KENTA(39)が10日、自身のツイッターを更新。9日、東京・後楽園ホールで行われた新日本プロレス・NEVER6人タッグ王座戦で優勝し、レスラー生活12年目にして初めてベルトを巻いたYOSHI―HASHI(38)を祝福した。

 この日、自宅のある米フロリダ州オーランドから「棒さん!おめでとうございます! めっちゃベルト似合ってます!」と、つづったKENTA。YOSHI―HASHIが入場時に持つ如意棒からついたニックネームで呼びかけながら、初戴冠を祝った。

 新型コロナウイルス感染再拡大の中の出入国制限もあり、来日がままならない状態のKENTAだが、現地時間8日に開幕した「NEW JAPAN CUP 2020 in THE USA」(NJC USA)の初戦の1回戦では、新日LA道場の若獅子・カール・フレドリックス(30)に快勝。

 今年2月9日の大阪城ホール大会でIWGPヘビーとインターコンチネンタルの2冠王(当時)・内藤哲也(38)に敗れて以来、半年ぶりのリングでいつも通りのキレのある動きを披露した。この日は試合後の汗まみれのバックステージ・インタビュー写真を貼り付け、「周り外国人の中で話するの結構エネルギー使うって事」と一言、つぶやいていた。

 「NJC USA」はヘビー級8選手による最強決定トーナメント。優勝者には、ジョン・モクスリー(34)が保持するUSヘビー級王座ヘの挑戦権が与えられる。KENTAは現地時間15日の準決勝で、初戦でタンガ・ロア(37)を破ったジェフ・コブ(38)と対戦する。

最新一覧