【C大阪】採点&寸評 前半に絶好機も…スコアレスドローでホーム3戦勝ちなし

C大阪のF東京戦先発布陣

 ◆明治安田生命J1リーグ 第9節 C大阪 0―0 F東京(9日・ヤンマースタジアム長居)

 C大阪はスコアレスドローに終わり、ホーム3戦勝ちなし。前節2位から順位を1つ落とした。前半11分、カウンターから元日本代表MF清武がゴール前に絶好のクロスを送ったが、MF坂元の左ダイレクトボレーは相手GKに阻まれた。後半に入ってからは都倉、高木と実戦復帰したFWを投入したもののチャンスにはつながらず。課題の得点力不足が浮き彫りとなった内容に、ロティーナ監督(63)は「前半のうちに1点取れていたら、また違った展開になっていた」と悔しがった。

 採点、寸評は以下の通り。

ロティーナ監督【6・0】優勝狙うなら勝ちきる策が必要。川崎が遠ざかる

GK金鎮鉉【6・5】最後にビッグセーブ。あわや負け試合を救った

DF松田陸【6・0】坂元とのコンビも定着。互いの意図が感じられる

DFマテイヨニッチ【6・0】空中戦では圧倒。ビルドアップも安定していた

DF瀬古歩夢【6・0】F東京の高速カウンターに体張って対応

DF丸橋祐介【6・0】2度の決定機でミートできず。左足だったら…

MF藤田直之【6・0】前半に惜しいミドル。デュエルでも強かった

MFデサバト【6・0】豊富な運動量&効果的なサイドチェンジ

MF坂元達裕【5・5】の決定機を逸したのは痛恨だが積極性は見せた

MF清武弘嗣【5・5】坂元へ高精度クロス。以降は堅守に苦しんだ

MF片山瑛一【―】後半33分IN。時間短く採点なし

FW奥埜博亮【5・5】最前線から献身的にプレス。頭が下がります

FWブルーノメンデス【5・0】まだ本調子ではなさそう。後半早々に交代

FW都倉賢【5・0】後半8分IN。復帰も起点としては機能せず

FW高木俊幸【―】後半41分IN。時間短く採点なし

※平均点は5・5~6・0

最新一覧