【甲子園】交流試合開幕…一、三塁側内野スタンドにそれぞれ150人が着席し温かい拍手

ベンチ入りしなかった花咲徳栄ナインは記念撮影を行う(カメラ・石田 順平)

◆2020年甲子園高校野球交流試合第1日(10日)

 今春のセンバツに出場予定だった32校を甲子園球場に招待して実施する2020年甲子園高校野球交流試合が、10日に開幕した。

 開会式は、第1試合に出場する大分商(大分)と花咲徳栄(埼玉)によって行われ、川瀬堅斗(大分商)、井上朋也(花咲徳栄)の両主将が並んで選手宣誓を行った。

 無観客を原則としているが、学校関係者、選手の家族などは入場が認められ、一、三塁側の内野スタンドには、それぞれ150人ほどが着席し、温かい拍手を送っていた。

 大会は32校が1試合ずつ行い、17日まで(13、14日は予備日)開催される。

試合速報

最新一覧