石原良純、帰省したことへの中傷ビラに「怖いなと思うのは人間と人間の闘いみたいなところに発展…」

石原良純

 10日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、感染が拡大する新型コロナウイルスについて特集した。

 番組では、青森市で東京から帰省した60代の男性に向け、帰省したことを中傷するビラが置かれていたことを報じた。

 ビラは家の玄関先に置かれており、「良年して何を考えてるんですか?」など書かれていた。男性は帰省前に自費でPCR検査を2度受けていて、いずれも陰性だったため帰省したという。

 スタジオでコメンテーターの石原良純は、今回の問題に「例えば、ビラを書いた人も意識が高いし、2回検査を受けた方も意識が高くて、全員が全員それぞれの立場があって」とした上で、コロナとの闘いを「怖いなと思うのは、人間と自然の闘いじゃないですか?それが人間と人間の闘いみたいなところに発展してしまわないように、じゃあ今、僕たちに何ができるのかをちゃんとやっていかなくてはならない」と提言。この問題を「どっちが正しいって話じゃないでしょ」と指摘していた。

最新一覧