【ソフトバンク】1日で首位へ返り咲き 工藤監督は周東の好守に「ひとつのプレーがチームを救う」

森唯斗から、ウイニングボールを受け取り笑顔の板東湧梧(左は工藤公康監督)

◆パ・リーグ ソフトバンク5―0楽天(9日・楽天生命パーク)

 ソフトバンクが楽天に完封勝ちし、1日で同率首位に並んだ。6日から中2日で先発・笠谷がオープナー起用。3回無失点で3日前と同じ板東へバトンをつなぎ、2番手の右腕も7回まで無失点で踏ん張った。打線は相手の暴投で先制し、柳田の12号ソロなどで効果的に加点。最後は抑えの森が締めくくった。

 工藤監督はともに無得点だった5回無死二塁、渡辺佳の打球を中前へ運ばせなかった二塁・周東のダイビングキャッチを評価。内野安打にとどめ、無失点につなげただけに「ひとつのプレーがチームを救う。打つだけではなく守りがいかに大事か。点を取るだけでなく、やらないことも大事。相手にとってはショックだし、ウチに取っては一気に流れが来た。ナイスプレーでした」と褒めちぎった。

最新一覧