【広島】遠藤、5回3安打2失点で2敗目「どうしてもゾーンで勝負できなかった」

2回無死満塁のピンチで遠藤淳志(右から3人目)のもとに集まる広島ナイン

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島1―5阪神(9日・マツダ)

 広島・遠藤淳志投手(21)が5回3安打2失点で2敗目を喫した。

 2回1死満塁、梅野の遊ゴロ間に先制点を献上したが、後続を抑え1点にとどめた。同点の3回に、2死三塁から大山に適時三塁打を浴び、勝ち越しを許した。右腕は「どうしてもゾーンで勝負できなかった。もっと攻めないといけない」と反省を口にした。

 前回登板の2日・巨人戦(東京D)では9回2失点でプロ初完投をマークし、勢いに乗りたかったところだが、5回で103球に達し、マウンドを降りた。佐々岡監督は「球数が多くなってしまって…。3回までばらつきがあった。ああいうところがまだまだです」と振り返った。

最新一覧