【楽天】福井優也が6回途中1失点と好投も、今季初黒星 三木肇監督「勝たせてあげたかった」

楽天先発の福井優也

◆パ・リーグ 楽天0―5ソフトバンク(9日・楽天生命パーク)

 楽天・福井優也投手(32)が先発し、6回途中2安打1失点と好投。しかし打線の援護がなく、今季初黒星を喫した。

 初回は1死から周東に中前打と二盗を許しピンチを迎えたが、柳田、中村晃を連続三振。リズム良く腕を振り、2回から5回まではパーフェクトに抑えた。

 0―0の6回は1死から甲斐に左中間二塁打を許すと、2死三塁では周東に四球を与え、一、三塁の場面で降板。直後に2番手・宋家豪の暴投で三走・甲斐が生還し、決勝点となった。福井は「イニングの先頭打者もしっかり打ち取れましたし、投球内容は良かったと思います。最後の打者だけですね。四球を出してはいけないところでもったいない投球になってしましました」と振り返った。

 5回1失点だった2日のロッテ戦(ZOZO)に続く力投だったが、今季初勝利はまたもやお預けとなった右腕。三木監督も「球も強くて、福井の投球は本当に良かった。好投していたので、何とか勝たせてあげたかった。こういう試合にしてしまって福井に申し訳ない」と話した。

試合詳細

最新一覧