木村拓哉、A.B.C-Z河合郁人のバック転のお誘いに「ロンダートから入っていいんだったら」

木村拓哉

 俳優の木村拓哉(47)がパーソナリティーをつとめる9日放送のTOKYO FM「木村拓哉のFlow」(日曜・前11時半)に、後輩のA.B.C-Z河合郁人(32)が8月のマンスリーゲストとして2日に続いて登場した。

 ジャニーズ大好きジャニーズを自称し、芸人に混じって出演したものまね番組では、ジャニーズの先輩ものまねを披露して準優勝。事務所に入る前からの木村ファンでも知られ、2月に木村が行ったライブでは、東京と大阪両方のMCに参加し、木村からギターを贈られた。

 この日は木村が河合にグループ結成のきっかけやグループ名の意味、現在のジャニーズJr.の様子などを質問。A.B.C-ZのA.B.Cがもともとアクロバット・ボーイズ・クラブの意味で全員がバック転などのアクロバットを得意とする話から、河合は「木村さんも(アクロバットを)やってましたよね?最近やってます?」と質問。木村は「最近はやってない」としながら、「ロンダートから入っていいんだったら、多分(今もできる)」と答えた。

 河合が「逆にすごいですね!」と、ロンダートバック転ができることに驚くと、「その場で(勢いをつけずにバック転)の方が怖くない?ロンダートから入った方が俺はやりやすい」と木村。すると河合はすかさず「え~、見たいですね~」と“おねだり”。木村は「見たいって言うなよ」とあわてたが、河合は臆することなく「今度コラボしません?A.B.C-Zと一緒にやりませんか?」とグイグイと迫った。

 木村は「でも、塚っちゃんとか、もう次元がヤバそうだからさあ」と、連続バック転30回の記録を持つ同グループの塚田僚一(33)の名前を出して少し難色を示したが、後輩のお誘いにまんざらでもなさそう。A.B.C-Zとのコラボで久しぶりに木村のアクロバットが見られる日が来るかもしれない。

最新一覧